bg

OUR TEAM

私たちは、街づくりや地域の再生に
無限の可能性を秘める建築設計に情熱を注ぎます

私たちスタッフが、クライアントの皆様のご要望を読み解き、最適な技術提案と共に、
想像を上回る建築物の実現に向けてサポートします。

創造性あふれる
豊かな建築空間の創出を目指す。

社会構造の多様化から人々のモノの考え方や価値観は少しずつ変化してきました。建築も同様で、複合施設や様々な要素を包含した施設、また単一の用途であっても多様な使用状況や目的が変化した場合などを想定した自由度の高い空間構成が求められるようになりました。
本来、建築は総合芸術といわれる位、意匠性やデザイン性が重要視される分野です。
ものづくりにおけるデザインの重要性を再認識すると共に、理にかなった美意識を創造する知性を磨き上げることで、居心地の良い豊かな建築的空間を生み出していきたいと考えます。
私たちに求められるのは単に要望の通りに創ることだけではありません。想定の枠を超えた新たな可能性を模索することで、付加価値を見いだし、同時に感動的な空間を創出することが大切であると考えます。
そういう意味において私は、より公共性の高い施設計画に魅力を感じます。
建物は人が使うためのものです。人々に愛され、地域のよりどころとなり、時を経てさらに美しさと愛着を増すような建築を創っていきたいと思います。
また、建築の計画は建築主、設計者、施工者がひとつの目的に向かって協働しながら創り上げるものであります。納得するまで話し合い、共通認識を確立した上で対等な立場でお互いの存在を認め合いながら信頼関係を築く。これがものづくりの原点であると考えます。

Kenichi Hagiwara

萩原憲一:代表取締役 所長

REPRESENTATIVE WORKS

多彩なアイデアによる創造力とバランス感覚を大切にし、
設計チームを牽引する。

敷地や立地の条件を把握し、その場所にどのような形がふさわしいかを考えて設計に臨むことが大切であると考えています。建物を設計する過程では、何度となくプランを立案し、試行錯誤を重ね、求められる要望を整理し「より良い解答とは何か」を追求し悩み続けます。そんな時には敷地に立ち返り、頭の中でアイデアを絞り込み整理するように心がけています。「場所のもつ力」こそが、独自のコンセプトやアイデアが生まれる源と考えています。さらに建物として最も重要な「機能性」=平面計画、そしてだれをも認めさせる「デザイン性」=立面・断面計画を加味しながらひとつの建築物を美しく、シンプルにまとめることに全力で向き合います。
入社以来携わった建物は、様々なジャンルに及びます。どんな依頼であれ、求められる要求に対応する自信は120%あります。クライアントが求めている以上の成果を、スピード感をもちながら迅速に対応することが、重要であると考えます。
設計室長という立場としては、意匠に偏ることなく総合的なバランス感覚を大切にするように努めています。また、組織事務所として個々に培った力を十分発揮できるよう、クライアントや所員からも気さくに相談しやすい雰囲気づくりには普段から心がけています。

Yasuhiko Suzuki

鈴木康彦:取締役 設計室長

REPRESENTATIVE WORKS

クライアントとの出会いは対話から始まる。
誰もが安らぎを感じ寄り添える建築設計の実現に努めたい。

クライアントとの対話を重ねながら、要望を集約しコンセプトを絞り込みます。最初のプレゼンでは複数の案をできるだけ分かり易く表現するように努めています。
私の携わったプロジェクトは、同じお客様から新たな依頼を頂くことが多く、一度、プロジェクトに携わると、その後も継続して様々な案件のご相談を受けることが少なくありません。
クライアントの為になるであろうと思うことを積極的に取り組むことが結果的に仕事の領域を広げることに繋がっているように思います。
今後は、多様なご要望に対し、広い視野でその背景についても読み解きながら、大きな可能性を実現するため、様々な分野の業務にもチャレンジしていきたいと考えます。
高いクオリティをアウトプットするという判断基準に従い、斬新な建築設計の実現に向けて努力していきたいと思います。

Masahito Ogihara

荻原正人:取締役 設計部長

REPRESENTATIVE WORKS
staff

当たり前の正確さを粘り強く貫き、
顧客と社会に対して責任をはたす。

name

積算という仕事は、設計図面から数量を割り出し、見えないところまで含めて一つずつきめ細やかに積上げていき全体の金額を算出します。建築設計の導入部分から関わり、クライアントの予算内で一つのプロジェクトを完成させるための重要な役割を担っています。
積算に求められるものは、何よりも正確な価格の割り出しです。日々変化する最新技術や資材価格の変化、地域間価格差なども敏感に把握し、積算の基準に沿って正確な計算に努めています。当社では設計図書に対して意匠設計担当者や他部門責任者による複数のチェックを厳格に実行し、正確化に努めています。
近年では、建築物の長寿命化という社会のニーズに対応し、建築工事費に加え完成後30年、50年というロングスパンでのラン二ングコストを考え、コストをトータルに管理するライフサイクルマネジメントという考え方を積算にも導入するようになりました。新たな潮流によって、積算に課された使命はより大きくなったと考えています。積算を担当する一人として、その信頼に答えるため健康であることは必要不可欠です。休日は身体を積極的に動かし、リフレッシュを図っています。

staff

強みの企画提案力が生かせる
機会の拡大を図りたい。

name

建築設計の営業は全てがオーダーメイドで、しかも建築の専門知識も必要とされます。クライアントのニーズをいかに具現化していくか。ここに総合力が試され、ものづくり営業の醍醐味でもあります。一つのプロジェクトのプロデュサーとして、クライアントと設計各スタッフとをつなぎ、完成までの道筋をリードしていくのが役目です。
従来は主として官公庁をクライアントに建築設備の営業に携わってきました。これまで培ったプライドや成功モデルを捨て、新たな気持ちのもと設計分野でもっと高みを目指して一から挑戦したいですね。
福島建築設計事務所の強みは、何と言ってもクオリティの高い企画提案力。公共建築物はコストも大切ですが、それだけでは住民を満足させるものづくりはできません。当社が得意とするアイデア・発想力が生かせる舞台づくりとして大規模案件だけでななく中規模案件についてもプロポーザル形式での発注を官公庁に働きかけていきたい。
そのために、これまで培ってきた人脈や経験が生かせると考えています。仮に入札であったとしても、「この会社に獲得してもらいたい」と思っていただけるよう、自分のファンを増やすような営業に心がけていきます。

staff

美しく機能性の高い建築物の実現に、
設備面から細やかな配慮を重ねる。

name

設備設計は、コストを抑えながら省エネ性能を追求するのが最近の潮流です。低コスト&高い省エネ性の両立がテーマで常にせめぎ合いの中での作業となります。
我々が担う守備範囲は、照明・弱電・換気・空調・水廻りなど広範囲に及びます。ほとんどは地味なものですが建築物には必要不可欠な設備です。建築の構想段階から参画し完成までブラッシュアップを重ねます。自分の思い描いた通りのスペックで建物が完成していく様子を体感できることがプロとしての喜びです。
設計作業は机上で行うが実際の施工となると収め難いケースもでてきます。そういう観点から経験値が求められる仕事といえます。
私の場合は、若手時代に電気設備の現場担当を経験したことが、今の設計作業にも役立っていると思います。
一見、設備設計で目立つのは照明くらいで、仕事の多くは細かいことをまとめ上げる調整役のように思われるでしょう。しかしながら地味なところや目に見えないところにも美的センスを注入することで快適な建築空間が創出されるものと信じています。
「美は細部に宿る」意匠設計者の意図をくみ取り、設備的な仕様選択も含め、細部に至るところまで美しく仕上げることを常に追求しています。

staff

構造の設計を通して建築物に
安全性、合理性、デザイン性を与える。

name

大学時代に所属した構造デザイン研究室を率いる恩師から「構造とはいえデザイン面を損なってはいけない。むしろ、構造によってデザイン性を付加すべきだ」という教えを受け、以来、志として持ち続けています。
建物の骨組みを設計する過程を通し、コスト面や施工性を考慮した合理性を追求し、ある種の秩序を組み立てる。そこにデザイン的な美しさを付加することが理想です。
入社後間もなく関わったこども園の設計で、梁と引張材を組み合わせ、軽量で安全性の高い大屋根を実現できる張弦梁構造を経験。特徴的な梁をそのまま見せるという構造によってデザイン性を高めるなど、構造設計の真髄を垣間見ることができました。
建物を一つだけのアイデアで完成させることはもちろん可能ですが、立ち止まっていろいろな角度から熟考する時間を必ず設ける。作品に対する思い入れを抱くことが、必ずクオリティアップに結びつくのです。自分が関わったことにより、少しでもハイレベルな建築物にしたいという思いがあります。特に、近年は建築物が複雑化し、外観からは構造が分からないことが多いが、人が目で見て構造を確認し安心できる空間創造が目標です。
プロジェクトの初期から意匠設計とコラボレーションする機会を増やし、構造的見地からの意見をもっと建物に組み込んでいきたいですね。